就活・就職・採用サイトをまとめたプラットフォーム 「求人カタログ」 採用サイトなら求人カタログ

就活コラム

2017.06.08 |  編集部裏話

“元”弱者が教える裏ワザ就活戦略~目からうろこの4ステップ~

就活について、どのような会社を受ければよいのか、自分の強みをどのようにいかしていけばよいのか、悩んでいる学生は多いと思います。私も大学3年生の時には、サークルもゼミもだらけきっており、誇れるものは何一つ持っていませんでしたが、他の就活生の潮流に飲み込まれず自分なりの就活戦略を取った結果、内定をいただくことができました。

 

そこで、悩みを持つ就活生の皆さんへ私が自分なりに重要だと感じたことを紹介します。

目次

  • 1.本当の現実を知る
  • 2.競争率の低いところに的を絞る
  • 3.人の真似をしない
  • 4.終わりに-エピソードは今からでも作れる‐

1.本当の現実を知る

現在、新卒就活市場は有効求人倍率がバブル期を越え、目の前の就活に楽観的な学生も少なくないと思います。私も先輩の就職先を見て、根拠のない安心感を持っていました。しかし、6月に入り、大手企業の夏季インターンシップの応募が始まって驚きます。一つは通るであろうと考えていた書類選考や面接で、ことごとく落とされたのです。

 

考えてみれば当然のことです。というのも現在の売り手市場を楽観視して、学生の大手志向が高まるのに対して、大企業の求人数はそれほど増えておらず、大企業に限った競争率は年々高まっているからです。

 

この経験から私は自身の能力の欠如を知り、弱者なりの戦い方を考える必要があると考えました。他の就活生がしていることを真似するのは簡単ですが、結局それでは強者が勝ち、弱者は負けます。野球で日本がアメリカの真似をして、ホームラン狙いでいっても勝てるでしょうか。勝てないから、足や小技を活かしたスモールベースボールに舵を切ったのです。自らが弱者だと認識しているのなら、弱者なりの戦いが方があるのです。

2.競争率の低いところに的を絞る

自分と市場の現状を認識出来たら、次は狙う企業を考えます。何が何でもここに行きたいと考えている人は別として、特に志望企業が決まっていなければ、絶対に譲れないものを決め、そのうえで競争率の低いところを狙うのが効率的です。

 

私は譲れないところとして管理系職種、東証上場、市場での大きなシェアを譲れないポイントとしました。その上で、一般の人に知られておらず、競争率も低いBtoB企業を志望しました。また、志望学生の学部が限られると考え、職種は経理、財務にしました。

 

本当にそんな会社があるのかと驚かれる方もいるかもしれませんが、東証一部でニッチトップ製品を多く持ち、経理を募集しているにもかかわらず、説明会に私含め二人しかいない企業もありました。

 

日本には400万以上の会社が存在しています。検索のかけ方次第で、行きたい企業は必ず見つかります。

3.人の真似をしない

就活生は面接中、国語の教科書を音読するような話し方になる人がほとんどです。私も就活序盤はそのような話し方をしていましたが、他の人が話しているのを聞いて疑問に感じました。

 

内容が全然頭に入ってこないのです。私だけかと思いましたが、面接官の人も興味がなさそうな顔をしていました。本来会話というのは話し方や間といったものが重要です。同じ話でも落語家さんによって味わいが違うのがその最たる例です。

 

大切なのは、面接官に話が伝わり、好印象を持ってもらい、一緒に働きたいと思ってもらえるかです。つまり自分の良さを最も面接官に伝えられる話し方を選ぶべきなのです。私は敬語を当然使いますが、先輩や先生と話すように自然な話し方を心掛けました。

 

この話し方で超人気大手企業の選考で通過もしてきたため、最低限の礼儀さえ守れば、問題ないと思います。

4.終わりに-エピソードは今からでも作れる‐

ここまで来て、それでも大学生活を通じて面接で話せるようなエピソードがないという人はいると思います。それであれば、今から何か始めてみましょう。

 

私は大学3年生の秋から、ベンチャー企業で長期インターンに参加しました。そのエピソードが面接でも評価され、内定につながったと考えています。また、面接で話せるネタになるかもしれないと、新聞の読者投稿や俳句を始めたり、アルバイト先でも面倒な仕事を買って出るなど、面白そうなことには積極的に飛び込んでいきました。それらは全て大学3回生の後期以降に始めたものです。

 

新しいことを始めるのに遅すぎるということはありません。過去は過ぎ去ったものです。大切なことはたった今から何をするかです。

求人カタログはこちらから

求人カタログ

名前: ミリオン

肩書き: 記事職人

自己紹介

大阪生まれ大阪育ちのカープファン。記事職人の名に恥じぬよう、本当に就活生が知りたいことをどんどん提供していきます。

関連記事

就活で役立つ!必須アプリを厳選

求人情報から注意すべきブラックバイトの見分け方とは!【前編】

これでばっちり!就活の質が上がる自己分析の仕方

就活の新たな選択肢「就職浪人」とは

役員や社長との面接!最後にして最大のヤマ場を乗り切る攻略法

グローバルな仕事ってどんなもの?その実態に迫る

会社訪問に早く着きすぎた時の有効な時間の使い方

就職浪人は不利で、険しい道

採用サイトをまとめたプラットフォーム「求人カタログ」

求人カタログは、日本最大級の採用サイトをまとめたプラットフォーム。採用サイトには企業の社風を感じる採用情報が沢山!就職活動、就活にも役立つ2018年,2019年卒,2020年卒の新卒採用サイトのプラットフォーム「求人カタログ」で直接応募をしよう。