就活・就職・採用サイトをまとめたプラットフォーム 「求人カタログ」 採用サイトなら求人カタログ

就活コラム

2018.02.03 |  就活情報

音楽業界で就職したい。意外なとこから入れるかも?

就職が厳しいと言われている業界の一つ、音楽業界。この世界は「好きと就職は別問題」というのが一般的な解釈です。しかしどうしても「音楽業界で働きたい」と言う方はいらっしゃることでしょう。ただ一方で、就職のきっかけはとても身近なところにあり、それを積み重ねることで安定した報酬になるというこの業界ならではの特徴もあります。なので自分を信じて地道に活動することが、ある種音楽業界への就職の一番の近道かもしれません。ここでは、この音楽業界特有の特徴を活かした就職方法の事例をご紹介したいと思います。

目次

  • 1.私の知人の場合その1:インディーズで活動
  • 2.私の知人の場合その2:邦楽で報酬をGET♪
  • 3.演奏だけが音楽業界への就職ではない!?
  • 4.遠いようで近い!?音楽業界への就職

1.私の知人の場合その1:インディーズで活動

私の知人は、バンド活動を大学生の頃からしていたそうです。私はその人とは社会人になってから知り合ったので、学生時代のバンド活動についてはよく分かりません。 ただ知り合ってから何度かライブに行きましたが、既に必ずライブに来るファンが付いていたのに驚いたことをよく覚えています。

 

ライブ活動は、ライブハウスで何組かの他のインディーズバンドと共に開催します。明らかに音楽性が異なるバンドとも一緒に共演しているのですが、いろいろなバンドと共演することで交遊が広がり、ライブ活動の幅も広がるようです。その知人は結局会社を退社。インディーズ活動のみで頑張っていたところ、結婚。やがて子どもも誕生しましたが、インディーズ活動はやめることなく、いまだにライブハウスで演奏をしています。

 

おそらくご家族の理解なしにはできないことではあると思います。ただ実際の話としては、学生時代から好きなことをずっと続けて報酬を得ている良い事例だと思います。

2.私の知人の場合その2:邦楽で報酬をGET♪

日本には伝統音楽と呼ばれるものがいろいろあります。例えば、筝、尺八、三味線、雅楽、和太鼓など実にさまざま。昨今の邦楽ブームもあり、結構お話はいろいろあります。

 

これらの楽器を演奏できる方は、洋楽器に比べると正直少ないです。でも奏者が少ないゆえに、一度外で演奏をすると、結婚式やご葬儀などで演奏を依頼されるようになり、それが数珠繋がりで多方面から依頼を受けるようになる…ということが実際にあります。

 

私がまだ子育てに専念していたときお誘いいただいた例を挙げると、交通費と宿泊代は別持ちで1回の演奏で10万円、という話がありました。それだけの金額を提示してくれる理由を聞くと、演奏できる人がいないから、ということでした。 そのときはお断りしたものの、その後もお祭りの演奏、結婚式の演奏、神社仏閣での演奏といろいろ誘い続けてくださいました。また金額はかなり低くなりますが、小学校の音楽の授業の一環として演奏依頼があるようです。しかし一度このお話を受けると他校からも数珠繋がりでお話をいただけるようで、私の知人は結構忙しそうにしています。

3.演奏だけが音楽業界への就職ではない!?

タイトル通り、音楽業界の仕事は“奏者”になることだけではありません。 

 

例えば邦楽器は奏者の手や指の大きさ、また楽器によっては肺活量の関係で、自分にあった楽器を探すのがなかなか大変です。しかもその楽器を作る職人の方が少ない上に、後継者問題もあるようです。おそらくこのような問題は、邦楽全体にあることではないでしょうか。例えば音楽業界への就職という広い視野から、このような職人の道を選ぶという選択があるかもしれません。

 

また過日ある出版社の方から「誰か音楽に精通した人はいませんか?」と聞かれました。よくよく話を聞いてみると、「小学校では音楽の授業は必須科目ですが、音楽の教科書の校正ができる人を採用したい」という内容でした。 こちらも演奏はしませんが、音楽に携われるやりがいのある仕事と言えるのではないでしょうか。

4.遠いようで近い!?音楽業界への就職

特に音楽業界への就職に該当すると思いますが、自分を信じて地道に活動を続けしっかりと基盤を固めることで、チャンスが舞い込んでくるように思います。また視野を広げる・もしくは見方を変えるというのも、音楽業界への就職の近道なのかもしれません。一見華やかには見えない世界でも、必ずやりがいと楽しさはある筈です。

 

現代は、人との繋がりが希薄と言われる時代ではあります。どの業界でもそうですし、おそらく音楽業界は特にそうだと思いますが、人との繋がりは大切にしてください。何かしらのきっかけにはなります。あと私の事例にもあるように、まったく関係のない業界からも面白い仕事の話が舞い込むこともあります。なので「無関係だから…」と自分からせっかくのご縁を切ってしまうのは、チャンスを自分の手でつぶしてしまうということになりかねません。なので情報のアンテナは常にしっかりとアンテナを張っておいてください。

 

自分の人生を最終判断するのは、自分。とにかく後悔だけは残らないように、自分を信じてしっかり考えたうえで行動していきましょう! 

プラットインの人材紹介はこちらから

プラットイン人材紹介

名前: 読むのも書くのも間違い探しも全部好き

肩書き: とにかく日本語が大好きです

自己紹介

校正とライティングの仕事をしています。
私生活でも読書が趣味の理屈抜きで日本語が好きな人間です。
私の人生経験を就活でお悩みの方に活かしていただけるように情報提供していきます。

関連記事

ファッション業界に就職したい!状況は?実態は?

地方で転職を考えている方必見!

くじけないモチベーションの持ち方とは?

“就活の勝ち組”になるためにはどうすればいい?

AIに仕事をさせる時代に変わってしまう?

美容業界のエントリーシートの書き方

自分に向いている仕事を今のうちに見つけよう!

出版のインターンシップの内容とは?参加はすべき?

採用サイトをまとめたプラットフォーム「求人カタログ」

求人カタログは、日本最大級の採用サイトをまとめたプラットフォーム。採用サイトには企業の社風を感じる採用情報が沢山!就職活動、就活にも役立つ2018年,2019年卒,2020年卒の新卒採用サイトのプラットフォーム「求人カタログ」で直接応募をしよう。