就活・就職・採用サイトをまとめたプラットフォーム 「求人カタログ」 採用サイトなら求人カタログ

就活コラム

2018.01.22 |  ビジネス話就活情報採用Howto

直接応募が企業にもたらす効果とは?

毎年活況を帯びる就職活動。しかし、時代によって就職しやすさは大きく変わり、就職希望者は特定の企業へ入社するまでにクリアしなければならない課題も大きく抱えがちです。しかし、そんな中でも新卒生になると企業情報にも疎いことから、求人応募となれば就職サイトを活用して就職活動に望むケースは多くなります。最近は直接応募によってエントリーすることも多くなっていますが、実はこのことは企業側にも少なからず良い効果を生み出すことになるのは意外に知られておりません。今回は企業への直接応募による就職活動にスポットを当て、これから直接的に応募を進めたい方のための知識を提供していきましょう。

目次

  • 1.直接応募とは一体何なのか?
  • 2.直接応募による企業への良い効果
  • 3.企業だけでなく応募者にも有利?
  • 4.将来的には直接応募がメインに?

1.直接応募とは一体何なのか?

まず、基本的に直接応募とは一体何なのか?ここで少し整理していきたいと思います。直接応募の意味はその文字通り、企業自身が所有する採用サイトへの直接的な応募となるのです。

 

ここ20年はネットの普及もあって、就職先を紹介する【就職サイト】を活用した就職活動がメインとなってきました。確かにこの方法は優秀な人材を効率的に仲介業者によってピックアップしてもらえるメリットはありましたが、現在のような離職率の高い日本社会においてはむしろコストがかさむ要因にもなりつつあります。

 

そのような経緯もあり、採用関するすべてのプロセスを完全に自身で進める直接応募方式は大手や中小共に徐々に増えてきているのは確かです。とは言っても、日本は90年代まではネットが存在しなかった時代を含めて直接的に採用を進めてきた訳ですし、ある意味において日本企業の採用方式が原点回帰に至りはじめたと見るべきではないでしょうか?

2.直接応募による企業への良い効果

さて、独自の採用サイトなどを用いて直接応募を進める企業が増えている現状について、いま企業がどんな事情を持っているのかはとても気になります。

 

少なくとも言えることは、直接応募による採用方式に切り替えることで良い効果を企業側が得られることを認識している点にあるでしょう。その具体的な効果ですが、企業側が最も感じているのが低コストで多くの応募者が集まりやすい点にある訳です。

 

これにより、転職サイトの仲介を排除した分だけ人事側で人材を絞る作業が当然再発生する訳ですが、それと同時に応募者からのアピール度を客観的に把握できるのでむしろ仲介から紹介を受けるよりも良い人材を見極めやすくなります。

 

また、今までは仲介からの情報を元に採用行動を取っていたこともあって、情報内容が実際のものと乖離することもありました。しかし、直接応募による採用方式によって、これらのジレンマをスムーズに解消できるようになってきているのです。

3.企業だけでなく応募者にも有利?

しかし、この直接応募における良い効果を感じているのは、決して企業だけではないようです。つまり、応募する求人側にも少なからず恩恵を与えているでしょう。

 

企業独自のサイトにおける直接応募になると応募者側がアピールしやすいことは少し触れましたが、より真剣にアピールができている応募者になると採用もしてもらいやすい傾向にあります。

 

仲介サイト経由の就活になると、客観判断が2重になって企業側に情報が到達しますので、本来採用されても良い人材を取りこぼしてしまうなどのケースも出てくるのです。

 

直接応募になると人事担当者の力量にもよりますが、応募者の入社への思いが届きやすくなるので総合的に見て採用が有利になることでしょう。

 

双方において良い効果を実感できることが継続していけば、直接応募そのものの評価もお幅に上がっていくことから導入も増加し、応募者にとって採用されやすい企業も自然と増えていきます。

4.将来的には直接応募がメインに?

現在の流れから言うと直接応募は、将来的に採用方式のメインとなっていくのでしょうか?率直に言うと、急激に応募方法が変わるということはないかもしれませんが、早めに導入された企業は導入していない企業よりもいち早く理想的な人材を探せる確率が高まっていきます。

 

現在の応募方式ですと、あからさまな【門前払い】と実態は変わりがなく、求人応募者側の求職モチベーションも大きく低下しがちです。

 

企業側にとって採用のプロセスが増えるのは避けられませんが、急がば回れで結果的に離職しない良い人材を確実に探せる直接応募の方が人事スタッフの業務負担も軽減されるのです。

 

現在は、まさに直接応募の再評価への過渡期とも言えるので導入企業も少ない訳ですが、応募者側の評価が一気に高まっていけば企業側も導入を検討せざるを得なくなります。

名前: もんど

肩書き: 台湾好きの経営者ライター

自己紹介

台湾留学や長年の中国での仕事の経験を生かして、グローバルな視点にて就職活動にお悩みのみなさんのために役立つ情報を発信していきます。

関連記事

就活はいつから始める?4月からスタートでOK?

仕事における「やりがい」を見つける3つのポイント

採用サイトのデザインを分析!特徴とは

仕事に使えるGoogleアナリティクス個人認定資格

大学通信教育/専門学校に通う人が教える就職活動

理系学生が就活で気を付けるべきことは何?

ファッション業界に就職したい!状況は?実態は?

仕事のメール、プレゼン、履歴書の丁寧な書き方

ようこそゲストさん

採用サイトのまとめプラットフォーム「求人カタログ」

求人カタログは、日本最大級の採用サイトをまとめたプラットフォーム。採用サイトには企業の社風を感じる採用情報が沢山!就職活動、就活にも役立つ2017,2018,2019年の新卒採用サイトのプラットフォーム「求人カタログ」で会社探しをしよう。