就活・就職・採用サイトをまとめたプラットフォーム 「求人カタログ」 採用サイトなら求人カタログ

就活コラム

2018.01.21 |  インターン情報就活情報

総合広告代理店のインターンとは

総合広告代理店は、クライアントの希望を理想的な形にして世に出すプロ集団ですので、そのインターンシップも各企業により工夫された独自のものが多くあります。また、その形態だけでなく、短期インターンや長期インターンなど期間も様々です。大手広告代理店である電通や博報堂のインターンに参加するには選考を追加する必要もあり、その準備の必要です。インターンについて確認していきましょう。

目次

  • 1.インターンの具体例
  • 2.多岐にわたる職種を知ることができる!
  • 3.コンサルティング関連志望者にもおすすめ!
  • 4.まとめ

1.インターンの具体例

広告業界のインターンシップは、グループワークが多くなっています。課題の的確なとらえ方を身につけられるかどうかといったことや、どのように伝えれば斬新に響くのかといったことを重視しているからです。また、人間関係が重要な業界でもあるためチームプレーを通して入社後にも役立つ人脈作りをスタートさせる場として設けられているとも考えられますので、積極的に人と関わり、そこからも吸収できるようになっています。具体的にオープンにされている博報堂とアサツー・ディ・ケイのインターンから確認します。

 

博報堂のインターンは生活者発想合宿タイプで、2013年実施のインターンシップは2泊3日の合宿型でした。毎年コンセプトを掲げ、その主体とその周辺領域のとらえ方を考え、アイデアを出し、形にしていくというプロセスを共有するプログラムとなっています。

 

ADK(アサツー・ディ・ケイ)は、電通、博報堂に次いで、広告業界国内3番手の企業で、そのインターンでは、オリエンテーションとプレゼンを繰り返します。この体験の中で広告業界の仕事を体感する事が出来るようになっており、広告代理店に必須の発想力を鍛える内容となっています。

2.多岐にわたる職種を知ることができる!

職種を知るチャンスの場がインターンのポイントのひとつです。総合広告代理店には様々な職種の人が所属し、 従事する仕事内容は異なります。 営業やマーケティング、メディア、クリエイティブ、デジタル・コンテンツなどがあり、最近では、その境界線も曖昧になってきて、分野をまたぐような職種もプロジェクトに応じて生まれてきているようです。

 

自分がやりたい仕事はわかっているつもりだけれど、どの職種ならできるのかがわからないといった人は、インターンに参加することで知ることができます。それがわかれば、自分のどういうところがその職種に向いていると考えるのかについて簡潔に説得力ある自分の言葉で伝えられる準備をすることができます。 また、広告代理店の仕事の仕組みをわかっていることは面接の際も入社後も大事です。

3.コンサルティング関連志望者にもおすすめ!

電通や博報堂といった広告代理店が転換期を迎えていると言われています。実際、広告最大手の電通がコンサルティング領域に進出しており、コンサルティング領域へビジネスを拡大する動きが見られます。電通は、2006年に「電通コンサルティング」を設立し、2010年には「電通マネジメント・インスティテュート」・「電通マネジメント塾」を設置しました。そして、クライアントやメディア、コンテンツホルダーの抱える経営戦略、事業戦略など、多様に渡る要望に応えています。この領域では、多様な経営課題や事業課題に対して、統合的なソリューションを提供する必要があるので、経営学だけでなく組織論や投資・M&Aといった知識やスキル、ノウハウを習得した人材が今まで以上に必要となっています。

 

そのため、就活で電通がデロイトやアクセンチュア、マッキンゼー等のコンサルティング企業を志望するような学生を積極的に採用していく方針にあると言われています。またコンサルティング企業を志望している学生にとっても、今後、電通は自分のやりたい仕事ができる企業と認知されはじめています。インターンを利用してコンサルティング領域へ乗り出す総合広告代理店の実情を見てみることもおすすめです。

4.まとめ

広告業界はコネクションが大切な業界ですので、インターンシップに参加することで、所属する社員や同じ業界に関心を持っている学生の仲間と出会うことができます。入社後は、あらゆる業界のクライアントが抱える課題解決のために、それまでに築いてきた人脈が大きな力となります。インターンはその人脈作りのチャンスともなります。

 

また、今までと違い本格的にコンサルティング領域にも乗り出した広告代理店のインターンでは、「広告」のみに興味を持っている志望者もこれからはインターンに参加することで必要なコンサルティング的要素を学べる場となるかもしれません。なぜなら、「コストカット」の提案ができない点がコンサルティング企業より弱いとされてきましたが、その問題をクリアできるような会社をたちあげメンバーも集めているからです。こうして、コンサルティング企業を志望する学生にも魅力ある企業となっており、彼らを入社へと導くための要素もプラスされたインターンの内容へ変化していくことも予想されます。

 

大手総合広告代理店のインターンに参加するためには選考に通過しなければいけないことが多く、これに対する準備自体が就活にとってプラスに働きますので、迷っている方は参加してみましょう!

プラットインの人材紹介はこちらから

プラットイン人材紹介

名前: リッキー

肩書き: 医療系研究職&コーディネーター

自己紹介

理系大学院進学や海外の研究所、国内の研究所で勤務した経験等、情報の少ないジャンルへの就活経験をもとに就活で活かせる情報を発信していきます。

関連記事

求人広告業界のインターンシップとは

校正の仕事を知りたい、やってみたい方へ

就職浪人は不利で、険しい道

売り手市場での就職は、本当に楽なのか

企業分析は大変? 実は簡単な方法があるんです!

就活したくない人のための他の選択肢

面接で緊張しすぎる人へのアドバイス

大学入学時から始める計画的な就活

採用サイトをまとめたプラットフォーム「求人カタログ」

求人カタログは、日本最大級の採用サイトをまとめたプラットフォーム。採用サイトには企業の社風を感じる採用情報が沢山!就職活動、就活にも役立つ2018年,2019年卒,2020年卒の新卒採用サイトのプラットフォーム「求人カタログ」で直接応募をしよう。