就活・就職・採用サイトをまとめたプラットフォーム 「求人カタログ」 採用サイトなら求人カタログ

就活コラム

2020.12.22 |  就活情報

就活成功の心得~4つのポイントで差がつく~

少子高齢化によって、これから新しく社会人になろうとする学生さんにとっては良い時代だと言われることもあります。しかし、このような世の中では少しでも【働きやすい会社】に入りたいという思いは以前に増して強くなり、就活における準備や面接対策などのノウハウ紹介などはニーズも高いでしょう。就活に成功できる人とそうでない人と結果が明確に現れるのは不思議ですが、そこには両者間で成功のための心得を理解しているが否かに大きな差があった訳です。今回ご紹介する4つのポイント。成功になかなか繋げられない方は今一度チェックしてください。

目次

  • 1.求人がネット情報しかないと誤解しない
  • 2.就職に適した企業をあらかじめ見極める
  • 3.アルバイトしていても就活を念頭に置く
  • 4.生活の拠点に近い場所での就活が基本!

1.求人がネット情報しかないと誤解しない

インターネットが当たり前に普及している今の時代。学生さんはネット環境が生活にないということが考えられないと思いますので、求人に関しても情報がネットでしか探すことができないと思いがちです。確かに多くの企業はネットを活用した就活を推奨しているところも多いので、学生さんも求人情報はネットで名の知れたサイトしか使わない傾向にあります。しかし、求人情報は今の時代でも紙媒体にしか載っていないものもあり、さらに企業側に求人意向はあっても情報が大体的に出されていない場合だってあるのです。

 

つまり、就活での情報収集をネットだけで進めようとするのは偏った情報しか得られないことも多く、これはむしろ様々な媒体を活用することで色んな企業にマッチする可能性も広がることを意味しています。また、現在積極的に企業へ連絡をする学生さんは少ないことも就活成功率を下げていることも大きな一因であり、興味のある企業であれば求人情報が出ていなくても連絡をして情報取集を試みてください。

2.就職に適した企業をあらかじめ見極める

一般的に就活の成功とは何を意味するのか?学生さんの多くは、その企業に入社することがゴールとなっているはずです。しかし、日本では新卒で入社しても3年以内に離職する確率は大変高く、今後もそれは継続していくと見られています。これにより、自分らしく働き続けることができる企業の事前見極めは大変重要となり、転職サイトでの表面的な品定めではなく会社見学を積極的に行う必要があるでしょう。

 

逆に会社見学をすんなり受け入れてくれない企業になると、入社後に思い描いていた労働環境とのギャップにガッカリして離職せざるを得なくなります。よく企業側がアピールポイントとしがちな【長く勤めるスタッフが多い】などの情報について、過去の離職者が多ければ多いほど職場は自ずとそのような状態になりますので惑わされないようにしましょう。ネット求人情報には頻繁に求人が出している企業もありますが、離職者が慢性的に多い状態に陥っている可能性はかなり高いのです。

3.アルバイトしていても就活を念頭に置く

日本の学生さんは学業とアルバイトを両立させることが一般的ですが、なぜか現在ではアルバイトの延長上で卒業後に就職するケースは稀です。勉強は当たり前にしながらも自分の価値観に合った職場でアルバイトに励み、社会人としての基礎を積みながら仕事のスキルさえを伸ばせられる。これはかつての学生にとってさほど珍しくなかった流れであり、就活手法としてもごく自然なものでしょう。

 

ところが、現在の学生さんはアルバイトと就職を明確に分ける傾向が強く、それによって自然な流れによる就職機会を失っているとも言えます。学生時代では将来的に何をしたいかについて、いつの時代も早めに真剣に考えることが良いとされて来ましたが、これは就職におけるミスマッチを未然に防ぐことができる1つの予防策であったのです。そのため、現在の学生さんにとって本当に欠かせないのはアルバイトを決めることでさえも将来的な方向性とリンクさせることであり、これによってスキルを得ながら目指すべき企業の絞り込みもできるようになるでしょう。

4.生活の拠点に近い場所での就活が基本!

日本の就活において、学生さんを問わず応募者全般にストレスを感じさせる事情としては生活拠点とのかい離が挙げられます。大都市における総合的な一極集中を進めてきた日本では、地方都市を生活の拠点とする者にとっての就活はどうしても不利になりがちです。また、多くの求職者はそれぞれ家庭問題も抱えていますし、故郷から離れて就職するリスクは将来的にも大きくなるでしょう。

 

長期的に見れば、求職者にとって抱えているライフスタイルを維持しながらの就業は最もストレスが得られにくく、企業セレクトを進める際にはこのことを強く念頭に置いてください。このように述べると大都市に住んでいる学生さんが就活もしやすいだけという話に戻ってしまいますが、日本ではそれほど受験前からの大学選びは立地も含めて重要となります。

 

本来将来的に何がしたいかを考えて大学選びを進めるべきなのですが、それがいつからか重視されなくなっている現在だからこそ、就活におけるストレス発生という矛盾が生まれてしまっているのです。この点は、学生さんだけでなくあらゆる年代の日本人がもう一度見つめなおしてみるべきではないでしょうか?

プラットインの採用サイトはこちらから

プラットイン採用サイト

名前: もんど

肩書き: 台湾好きの経営者ライター

自己紹介

台湾留学や長年の中国での仕事の経験を生かして、グローバルな視点にて就職活動にお悩みのみなさんのために役立つ情報を発信していきます。

関連記事

文章表現力を上げて就活に活かそう

面接後の「お礼メール」は効果的か?

就活において医療・ヘルスケア業界が熱い?企業研究をしよう!

就活でお金がない?!就活に必要な平均金額と内訳

就活生が不安になりやすい4つの事例と解決方法

採用サイトのスマホ対応したデザインの特徴

就活で英語は活かせる?レベル別に業種を紹介

“元”弱者が教える裏ワザ就活戦略~目からうろこの4ステップ~

採用サイトをまとめたプラットフォーム「求人カタログ」

求人カタログは、日本最大級の採用サイトをまとめたプラットフォーム。採用サイトには企業の社風を感じる採用情報が沢山!就職活動、就活にも役立つ2021年,2022年卒,2023年卒の新卒採用サイトのプラットフォーム「求人カタログ」で直接応募をしよう。