就活・就職・採用サイトをまとめたプラットフォーム 「求人カタログ」 採用サイトなら求人カタログ

就活コラム

2017.12.26 |  就活情報

今熱い!中小企業を選ぶメリット・デメリット

日本企業のほとんどを占めている中小企業。しかし、現実問題として日本人は大手企業に集中して就職を希望する傾向にあります。それでも、日本人の多くは中小企業に就職することになり、日本経済を支えて行くことになる訳です。現在の若い方はよく【安定志向】が強いと言われることもありますが、それだけで大手企業への入社を望むのであれば就職における視点が少々ズレている可能性もあるでしょう。今回は中小企業に就職するメリットの説明を進めると共に、やはり存在するデメリットを取り上げ、今後中小企業を選ぶ際のポイントも見ていきましょう。

目次

  • 1. 中小企業を選ぶメリットは想像以上に多い!
  • 2. 中小企業への就職において一般的デメリット
  • 3. 将来性から見て潜在力は中小企業がダントツ
  • 4. 自分に合った中小企業を選ぶ重要なポイント

1. 中小企業を選ぶメリットは想像以上に多い!

まず、お話ししておくべきは中小企業に就職するメリットが多くの方が想像する以上に多い点です。その1つに日本の技術力や管理力などの多くは中小企業から生まれていることにあり、就職することでそれらを学び取れる大きなメリットになります。日本の経済構造は中小企業が大企業を支えており、中小企業からの技術なしには大手企業は成り立たないのです。多くの日本人は中小のクリエイティブ性とそれを上手く活用する大手という基本構造を理解しておらず、その結果中小企業への就職における大きなメリットを見逃しているでしょう。

 

また、何と言っても中小企業に就職するメリットは数多くの中から選べることにあり、自分にとって働き甲斐のある企業や転勤の少ない地場企業などを見つけやすいことにあるのではないでしょうか?大手に絞った就職活動も良いのですが、自分にとって良い企業なのかという部分を考慮するのであれば、中小企業のほうがそれを十分に考慮しやすいのです。

2. 中小企業への就職において一般的デメリット

一方で中小企業に就職する際のデメリットも当然存在していますが、その中で最も大きいものとして地域性の悪影響を受けやすい点にあります。日本は東京から離れるほど経済の恩恵が薄い一般傾向を持ち、それによって各自治体間の最低賃金にも大きく開きがあるのです。そのため、各地域の地場企業を比較すると給与に開きが出て来ますので、同じ中小企業であっても長期的に待遇の差が現れてくるでしょう。

 

人間は生まれる地域を選べませんので、生まれた地域によって中小企業に就職することで発生するこのデメリットを実感しやすくなります。また、中小企業は特定の地域にしか営業拠点を持っていないことも多く、異なる土地からの就職をするならば長期的に故郷を離れなければならないなど、相対的に家庭との両立にも不便を来すケースも発生するのです。地域によっては働き口が少ないところもあり、中小企業の就職さえも達成できないこともあり得るでしょう。

3. 将来性から見て潜在力は中小企業がダントツ

企業としての将来性を見た場合、中小企業は明らかに大手企業よりも高い潜在力を有しています。なぜなら、大手企業も元々は中小企業から始まったのであり、今後の日本経済を考慮すると大手企業は成長の伸び白をほとんど持てないからです。ビジネスアイテムの多くを中小企業が世に送り出している現状においては、グローバルな経済において単独で売上を上げられる選択肢も中小には残されていますが、総合的に開発力の落ちている大手の将来性は近年の傾向を見ても悲観的に見る向きも少なくありません。

 

例えば、急増する大手企業によるM&Aなどはまさにそのような大手が置かれている状況を現すもので、企業価値においても中小企業は高いレベルを持っているところが多いのです。本物の【安定】とはきちんと良いモノやサービスを悪条件でも常に構築して提供できる企業しか達成できず、この部分は現在の日本において中小企業に達成されていることを日本人は再度認識しなければならないでしょう。

4. 自分に合った中小企業を選ぶ重要なポイント

それでも多くの方が疑問に感じているのが、どうやって将来性のある中小企業を選べば良いのかという点。そして、その最も大きなポイントとなるのが年齢制限のない企業です。企業の将来性は人材の確保以外に道はない、これはどの企業経営者も感じていることでしょう。

 

しかし、今まで長く新卒一括採用ばかりを重視してきた日本企業は慢性的に人材確保ができない弊害に陥っています。そんな中でも、年齢にこだわらないやる気のある人材を求める中小企業は何よりも長期的な企業発展を志す傾向にあるのです。日本の人口構造を見ても労働市場において10年後には20代や30代だけでなく、40代以降の人材でさえも確保が困難になることが予想されています。これを大きな危機と捉えている中小企業は多様な人材確保を積極的に進めるので、結果として企業経営者が描く将来性を実現しやすいのです。求人の検索時にはここを重要なポイントとして意識してください。

プラットインの人材紹介はこちらから

プラットイン人材紹介

名前: もんど

肩書き: 台湾好きの経営者ライター

自己紹介

台湾留学や長年の中国での仕事の経験を生かして、グローバルな視点にて就職活動にお悩みのみなさんのために役立つ情報を発信していきます。

関連記事

面接のとき、経歴をうまく話せない人が見るべき攻略法【後編】

就活が終わったらやるべき4つのことと後悔しない時間の使い方

役員や社長との面接!最後にして最大のヤマ場を乗り切る攻略法

タイピング速度、スキルをつけて仕事に活かそう!

求人情報から注意すべきブラックバイトを見分ける方法【後編】

留年したら内定取り消しされるのか、その対処法

クリエイター必須!初心者でもわかるポートフォリオの作り方

就活でのエピソードづくり、場面別にご紹介します!

採用サイトをまとめたプラットフォーム「求人カタログ」

求人カタログは、日本最大級の採用サイトをまとめたプラットフォーム。採用サイトには企業の社風を感じる採用情報が沢山!就職活動、就活にも役立つ2018年,2019年卒,2020年卒の新卒採用サイトのプラットフォーム「求人カタログ」で直接応募をしよう。