就活・就職・採用サイトをまとめたプラットフォーム 「求人カタログ」 採用サイトなら求人カタログ

就活コラム

2018.03.06 |  就活情報

就活で役立つ!必須アプリを厳選

就職活動では情報を制する者が勝つ。といっても過言ではないでしょう。しかし、ネットで溢れる情報を取捨選択できるスキルがないと、情報の海で溺れてしまいかねません。就活に関するアプリも今はいっぱいあって、どれをダウンロードしたらいいのかわからない状態に陥る方も多いのでは。こちらで、オススメの就活アプリをご紹介します。

目次

  • 1.まずは、リクナビ、マイナビ
  • 2.地図、乗り換え案内など
  • 3.時事問題、SPIなど
  • 4.その他

1.まずは、リクナビ、マイナビ

・リクナビ

・マイナビ

まずは大定番のふたつ。リクナビとマイナビ。こちらの二社は就活サイトの大手ですが、アプリ版もあるのです。アカウントの登録後に企業説明会の予約ができたり、企業検索後にエントリーできるのはWeb版と同じ。

 

このアプリで企業からのメッセージが確認でき、エントリーした企業の管理もできるので非常に便利です。スケジュール管理もかなり使えるということ。どちらか一方でしか求人を掲載しないという企業が多いので、このふたつをダウンロードした方がいいでしょう。

2.地図、乗り換え案内など

・Googleマップ

企業訪問などで、はじめて訪れる場所も多いでしょう。それに企業をはしごしていてタイムスケジュールがぎりぎりだったりすると、道に迷ってもいられません。地図アプリは必須です。大定番のGoogleマップは必ずダウンロードしておきましょう。

 

・乗り換えNAVITIME

これも大定番です。時間に制約される就活生は電車の乗り換えをスマートにしましょう。

 

・バス&時刻表&乗り換え バスNAVITIME

バスを使うときもないとは言えません。バスの乗り換えや時刻表があると便利。

 

・電源カフェ

企業訪問をしていて、次の訪問まで時間が余ってしまったりして、カフェで時間を潰すことも多い就活生ですが、電源のあるカフェがあらかじめわかると便利です。このアプリでは自分がいるところから一番近い電源のあるカフェを検索できます。カフェでスマホを充電しながら、次の訪問までの準備をしましょう。

 

・skyticket

こちらは、飛行機のチケットを取る際に便利なアプリです。チケット検索から、最安値のチケット購入までできるので、就活が終わったあとも旅行などで役立つこと請け合いです。

3.時事問題、SPIなど

時事問題は移動の時間などでざっと目を通しておくことが必要です。 しかし、本当に頭に入れたいならじっくり腰を落ち着けての勉強で。また、勉強する際にただ知識を頭に入れるだけでなく、それを自分はどう思ったのか、という自分の視点を持つことが必要です。面接時に「それをあなたはどう思いましたか?」など突っ込んで質問されることもあるからです。エントリーシートは通っていたのに、筆記試験で落とされるなんてことがないように、時事をしっかり勉強しておきましょう。

 

・Gunosy

使いやすくて読みやすいニュースアプリです。経済・テクノロジー・社会のジャンルを読むことを習慣にしましょう。

 

・SmartNews

こちらも使い易いニュースアプリですが、レイアウトが見やすく、コンテンツを自分で追加していけるので知りたい情報が見つけやすいことが特徴です。また、画像や動画を表示しない「Smartモード」にすれば、ネット回線が不安定な場所でもニュースに目を通せます。

 

・就活対策 200問 一般常識・SPI

筆記試験対策に便利です。一般常識、SPIは参考程度ととらえている企業もありますが、最低ラインを越えられないとなると不採用になる可能性は高いでしょう。移動の時間などの空き時間を有効に使って問題を解きましょう。

4.その他

以下に、その他あると便利な就活アプリをご紹介します。

 

・Microsoft Word・Excel

これも大定番ですが、このアプリがあればスマホやタブレットから文書を作成できるので大変便利です。パソコンを持っていない就活生も多いようですが、このアプリをダウンロードすれば、履歴書の送付などWordやExcelでの書類の提出で困ることがありません。

 

・ES添削カメラby DODA新卒エージェント

このアプリはエントリーシートでの「自己PR」を無料で添削してくれるというものです。大手人材企業であるDODAのプロがエージェント目線であなたの200字ほどの自己PRを評価。しかも無料というところがすごい!自己PRをカメラで撮ってスマホで提出し、7日ほどで添削結果がわかります。使い方も簡単で、なによりも無料なのですから、使わない手はありません。

 

・証明写真~かんたん・キレイな履歴書カメラ

これもあると便利なアプリ。エントリーシートの大量送付で、大量の証明写真が必要となりますが、用意しておいた証明写真では足りなくなる可能性は高いです。それにちゃんとした写真館で印刷してもらうと割高なことも。このアプリでは写真を撮影するのはスマホでOK。撮影後、加工する機能もあるので、綺麗に修正でき証明写真として使用できるクオリティに。写真データは主要コンビニのプリンターに送付することで簡単に印刷でき、急に外出先で証明写真が必要になっても安心です。安く印刷でき、急に必要になった時に役立つアプリです。

 

いかがですか?就活しているとなんとなく心細くなるものですが、就活アプリという強い味方をうまく利用し、就活を乗り切ってください!

ドライバ―求人サイト「ロジデリ」はこちらから

ドライバー求人サイトはロジデリ

名前: ユウ

肩書き: イラストも描けるライター

自己紹介

正社員、フリー、派遣、アルバイトなどなど、多種にわたる転職経験あり。わたしの経歴がどなたかのお役にたてれば!

関連記事

面接で聞かれる“3大質問”簡単回答例【過去編:自己分析】

ベンチャーで就職したい学生必見!

エアライン業界のエントリーシートの書き方、アプローチ方法

内定者を惹きつける!オモシロイベント例3選

新卒の同期で給料差はどこで出た?入社後すぐ取り組むべきこと

学生時代頑張ったことがない人は何を言えばいいのか

仕事を辞めたいという人が考えるべき4つのこと。

雇用一括採用とは?企業と就活生のメリットとデメリット

採用サイトをまとめたプラットフォーム「求人カタログ」

求人カタログは、日本最大級の採用サイトをまとめたプラットフォーム。採用サイトには企業の社風を感じる採用情報が沢山!就職活動、就活にも役立つ2021年,2022年卒,2023年卒の新卒採用サイトのプラットフォーム「求人カタログ」で直接応募をしよう。