就活・就職・採用サイトをまとめたプラットフォーム 「求人カタログ」 採用サイトなら求人カタログ

就活コラム

2018.01.30 |  就活情報

就活する時、大学でゼミに入るのは必須なのか

ゼミに入ることで就活は有利になるのでしょうか。多くの場合、ゼミに入ることで身につく能力は就活を手助けしてくれるものです。ただ、例外ももちろんあります。例えば、就活よりも絶対にゼミを優先しなければいけない研究室や指導教官の場合です。就活を優先することでゼミの教授の授業に出られず単位をもらえなくなってしまいそうだという人も卒業前に出てきます。就職の内定をもらえても卒業できなければ意味がないですよね。自分が両立できるゼミなのかどうかだけは、先輩達の意見を聞いたほうがいいでしょう。

目次

  • 1.エントリーシートや面接で困らない
  • 2.ゼミで培われる論理的な会話能力
  • 3.教授推薦や学校推薦を狙う!
  • 4.まとめ

1.エントリーシートや面接で困らない

「エントリーシートの記入に困らない」ようにゼミに入るというと、そんな理由で?と思う人も多いと思いますが、ゼミに入っていない場合のエントリーシートはかなり工夫が必要です。多くのエントリーシートに、「ゼミ」や「卒論のテーマ」等を記載する欄があります。ゼミに入っていないとその部分が空白になりますので、備考として自分自身で大学で勉学について力を入れて取り組んだことをアピールしなければいけません。

 

また、面接の場合も同様に、多くの企業で「ゼミ」や「卒論のテーマ」について質問されることがあります。このときにも、あえてゼミに入らず自分自身で学ぶことを選択した理由を説明しなければいけません。ゼミに入らないで独自で学び続けた中で「独自の理論」や「オリジナリティある作品」などが生まれているのであれば困りませんが、がんばってみたけれど成果として出せるものがないときにはゼミに入っておいたほうがよかったと思うことになりがちです。

2.ゼミで培われる論理的な会話能力

ゼミで培われるコミュニケーション能力は、サークルで得られるものやアルバイト先で得られるものとは違います。前提として、論理的な話の展開を求められるため、頭の中で話をきちんとまとめて相手に伝える訓練の場にもなります。ゼミによっては日本語を使わず、英語のみでディスカッションを進めていくといった語学の訓練も取り入れている場合もあります。日本にいながら英語で専門的なトピックスに関して、ディスカッション出来る場があるのですから利用しない手はありません。ここで培われる論理的な思考力や、その内容を完結にわかりやすく相手に伝えるコミュニケーション能力は、就活の場で大きな力となります。

 

また、同じゼミを選択すると似たような業種や職種を希望する友人もできますので、情報を共有できることも大きなメリットですね。

3.教授推薦や学校推薦を狙う!

志望企業とつながりのあるゼミが学内にあるのであれば、そこは迷わずに入りましょう。ゼミから毎年、特定の企業に就職するということはあります。推薦枠といったものが設定されていなかったとしても、「何か」入りやすくなるポイントがそのゼミにはあるのだと考えてもいいでしょう。例えば、教授の推薦状を書いてもらえるのかもしれません。また、ゼミの先輩から誘われる勉強会や食事会は、「あなたの人柄や能力」をはかる場として機能している場合もあります。

 

もし、推薦状を書いてもらえたり、リクルーターを兼ねている先輩達との勉強会や食事会で認めてもらうことができれば、ほぼ1次試験を通過しているのと同様だと言われることもあります。いずれにしろ、不利益になるようなことはないでしょうから、志望企業とつながりのあるゼミがあるのであれば、是非入ってしっかり認めてもらえる活動をしておきましょう。ただ、ゼミと志望企業がつながっていればいるほど、慎重な行動も必要です。ゼミに遅刻したり、欠席したりするといった人柄まで伝わってしまうこともあり得ます。教授や先輩達がわざわざ伝えるのではなく、人柄について採用担当者から尋ねられればありのまま伝えられても仕方ないですよね。

4.まとめ

就活にプラスになると思って入ったゼミであっても、ゼミの活動が忙しくなりすぎて就活できないと思う場合は、ゼミを変更できるかどうか確認することもおすすめです。ゼミをやめても卒業できるシステムであればよいのですが、ゼミは多くの場合単位数が多めに設定されています。ゼミをやめることでその単位ぶんにあたる授業を新たに登録できる時期なども事前に調べておく必要があります。単位を新たに登録できる時期を過ぎてから、ゼミをやめてしまうと卒業できなくなってしまうこともあります。

 

また、入ったゼミをやめて就活を優先し上手くいきましたといったエピソードもありますが、基本的にはゼミを選ぶときには卒業まで続け卒論や卒策を提出して終了となります。日本では、まだ、「途中で取り組んでいた物事をやめる」といったことに対して批判的な採用担当者もいますので、もしゼミに入ることを選べばできるだけ続けておくことが安心です。万が一やめる場合は周囲の誰が聞いても納得できるだけの理由を伝えられるようにしておきましょう。

プラットインの人材紹介はこちらから

プラットイン人材紹介

名前: リッキー

肩書き: 医療系研究職&コーディネーター

自己紹介

理系大学院進学や海外の研究所、国内の研究所で勤務した経験等、情報の少ないジャンルへの就活経験をもとに就活で活かせる情報を発信していきます。

関連記事

ブラック企業だった内定先の対処法

他己分析してみよう!他人から見た自分を知る

就活で役に立つ「かばん」の選び方

企業に連絡する時のマナー

お祈りメールに返信はしたほうが良いのか

育児と仕事を両立できるアルバイトと取るべき資格

就活生必見!教育業界のランキングから見る教育業界の今後とは?

医療業界の筆記試験とは

採用サイトをまとめたプラットフォーム「求人カタログ」

求人カタログは、日本最大級の採用サイトをまとめたプラットフォーム。採用サイトには企業の社風を感じる採用情報が沢山!就職活動、就活にも役立つ2018年,2019年卒,2020年卒の新卒採用サイトのプラットフォーム「求人カタログ」で直接応募をしよう。