就活・就職・採用サイトをまとめたプラットフォーム 「求人カタログ」 採用サイトなら求人カタログ

就活コラム

2018.06.17 |  就活情報

「福利厚生」と「経営の安定」どちらに注目して就活をする?

就職活動をしていく中で一番気になるのは「長く働ける会社か」ということではないでしょうか。 長く働ける環境を見極めるとき、あなたは「経営の安定」と「福利厚生」どちらに注目していますか? 今回は現在の就活生がどちらに注目して就活をしているか、また、これから就活が本腰になる皆さんに注目してほしいポイントなどをお話します。

目次

  • 1.就活生が注目する企業選びの現状は?
  • 2.経営が安定していることが前提
  • 3.福利厚生に注目しすぎては意味がない
  • 4.まとめ

1.就活生が注目する企業選びの現状は?

みなさん、就職希望先の選定をしていく中で周りの人たちが何を基準に企業を選んでいるか気になりますよね。
マイナビ調べによると2019年卒の就活生へのアンケート結果は「福利厚生」に注目して就活をしていると答えた就活生が首位でした。
就活生達はより働きやすい環境を選ぶ傾向が強くなっているんですね。それは何故でしょう。
この数年、景気が上向きとなり求人数が増えています。また少子化により新卒者の数も年々減少していることから求職者数が求人数を上回る売り手市場となっているため、就活生はより働きやすい環境に妥協しない強気の姿勢で就活に挑めるようになったことが理由の一つでしょう。
また、最近では政府が打ち出した「働き方改革」に沿い福利厚生を見直す企業も増えてきています。その点でも就活生は希望する企業がどのような福利厚生制度なのか気になるのはもっともな理由だと思います。

2.経営が安定していることが前提

前述のマイナビ調べでは「福利厚生」がポイントを伸ばしたのに対し「経営の安定」は去年よりポイントを落とし3位となっています。
前年より経営の安定に注目してる就活生は減少しましたが、3位という結果を見ると今の就活生たちは安定している企業で働きたいと思わなくなったわけではないようです。
経営の安定にポイントをおく就活生が減少したのは、売り手市場が反映して経営が安定していることは大前提で就職活動をしているからではないでしょうか。
就職先を優位に選べる就活生にとってわざわざ経営が不安定な企業を選ぶ就活生は稀ですよね。よっぽど自分が中心となって企業の立て直しをしたいという野心のある人ぐらいでしょうか。
安定してる会社で尚且つ福利厚生が充実して働きやすい会社を探す就活生が増加している傾向だということがわかりまね。
しかし、安定して働きやすい会社でも自分に合っているとは限りません。

3.福利厚生に注目しすぎては意味がない

学生優位の今、経営が安定していて福利厚生が充実している企業を選びぬいて就職することは可能でしょう。
しかしそれで安泰かと言えばそうは言えません。一つは仕事内容が自分に合っていなければ仕事をすることが苦痛になり長く務めることが困難になるからです。
仕事なんだから楽しいわけはないと割り切ることもできるかもしれません。しかし長年、全く自分に合っていない仕事を続ける覚悟はありますか?
環境や待遇を重視するあまりに実際の業務が手に負えなくなってしまえば辞めるしかないという最悪な結果にもなりかねません。あくまで就職活動において企業選びはまず「仕事が自分に合っているか」という点から決めていくことをオススメします。
もう一点、注意すべきは「福利厚生の内容は変わる」という点です。
現在は経営も上向きになり、企業が社員へ還元する福利厚生の内容も充実させている企業が増えています。しかし、景気が悪くなれば企業は経営を維持するためにコストカットを強いられます。
そうしたときに福利厚生もコストカットの対象となることを覚えておいてください。とくに企業独自で行っているお祝い制度などは市況の変化に応じて変更されることも多くあります。
実際、リーマンショック前に一時景気が回復傾向にあった際に福利厚生に独自の制度を設けて社員に還元している企業がありましたが、景気の下向きで経営状態が悪化した際は制度を廃止しています。
現状の福利厚生にこだわって企業を選んでも制度がなくなる可能性もあるので、福利厚生制度ばかりに注目するのは危険と言えるでしょう。

4.まとめ

いかがでしたか?前述までの話を見てあなたは「福利厚生」と「経営の安定」どちらに注目すべきだと思いますか?
アンケートでは「福利厚生」に注目して就活をしている就活生が首位だという現状はわかりました。しかし、福利厚生は景気や時代によって制度が変わる可能性があります。
そうした意味でも「経営が安定してる」企業で「福利厚生が充実している」会社を選ぶ方が安心なのではないでしょうか。そして、何よりも自分が興味がありやってみたい仕事内容の企業なのかという点が一番大事です。せっかく安定してる企業で充実の福利厚生制度が整っていても仕事を続けられなければ意味がありません。
就活生優位の現在です。夢だった業界や仕事に就くチャンスも大きいです。ぜひ就活生の皆さんにはそうした自分に合った仕事を選択しつつより待遇や制度が充実した企業で楽しく仕事をしてほしいと思います。

プラットインの人材紹介はこちらから

プラットイン人材紹介

名前: ユウリ

肩書き: 元求人営業のママライター

自己紹介

元求人広告営業の経験を活かして就活中の方に採用する側の視点で就活に役立つ情報を発信します。

関連記事

就活で茶髪はNGなの?~業種別に適したカラーって何?~

合否に関わる!?転職理由をマイナスにしないための伝え方

広告業界の就職に向けてやるべき3つのこと

社長面接を乗り越える4つのポイント

大学4年生の過ごし方-就職活動後の時間の使い方-

就活に資格は有利なのか?元・採用担当者が教えます

後悔しない為に!企業ごとの選考期間を先に調べよう

就活で企業選びに迷った時の選び方

採用サイトをまとめたプラットフォーム「求人カタログ」

求人カタログは、日本最大級の採用サイトをまとめたプラットフォーム。採用サイトには企業の社風を感じる採用情報が沢山!就職活動、就活にも役立つ2018年,2019年卒,2020年卒の新卒採用サイトのプラットフォーム「求人カタログ」で直接応募をしよう。