就活・就職・採用サイトをまとめたプラットフォーム 「求人カタログ」 採用サイトなら求人カタログ

就活コラム

2018.07.07 |  就活情報

説明会で聞くべきこと&やるべきことはコレ!

就活中には2種類の説明会があります。合同説明会と会社説明会です。
どちらの説明会に参加するにも、何も考えずに参加するほど勿体ないことはありません!
せっかく説明会に参加するのなら、聞くべきこと、やるべきことがあります。

今回は説明会で聞くべきこと、やるべきことを4つのポイントで紹介します。

目次

  • 1.合同説明会で聞くべきことはコレ!
  • 2.合同説明会でやるべきことはコレ!
  • 3.会社説明会で聞くべきことはコレ!
  • 4.会社説明会でやるべきことはコレ!

1.合同説明会で聞くべきことはコレ!

合同説明会とは、複数の企業が1つの会場に集まって開催される説明会です。
合同説明会は就活生が説明を聞きたい企業のブースを回って短時間で企業の情報を得たり、採用担当者との接点を作ったりできる場です。

合同説明会は自分にマッチする企業を探す場であり、不特定多数の就活生が参加するので、突っ込んだ質問をする場という雰囲気ではありません。
しかし、採用担当者に気軽に質問ができるチャンスを逃すわけにはいきません!

 

そこで、聞くべき質問は以下の5点です。

  1. 自分の知りたいこと
  2. 仕事内容
  3. 会社の雰囲気
  4. 会社の展望
  5. 採用に関すること(採用予定人数や採用試験について等)

 

また、聞くべきでない質問もあります。それは以下の5点です。

  1. パンフレットや配布資料、企業の自社サイトに載っている情報についての質問
  2. 給与や残業、福利厚生等について根掘り葉掘りの質問
  3. 他の企業と比べる質問
  4. 漠然とした質問
  5. 意図が不明な質問

2.合同説明会でやるべきことはコレ!

合同説明会で1番やるべきことは、自分にマッチする企業を探すことです。
その他に、採用担当者に覚えて貰ったり、接点を作ったりすることも挙げられます。

しかし、実は他にも合同説明会だからこそやるべきことがあるんです!
それは以下の4点です。


①事前に参加企業を下調べして、スケジュールを組んでから臨む

  • 合同説明会のサイト等で参加企業を知ることができるので、絶対に回りたい企業をあらかじめ決めておく
  • 会場マップを見て、回りやすいルートを確認する

②できるだけ多くの企業を回る

  • 資料を集めるだけでなく、説明をしっかりと聞く

③興味が無い業界、業種のブースにも足を運ぶ

  • 意外な企業が自分にマッチする可能性があるので、たくさんアンテナを張る

④採用担当者や他の社員とコミュニケーションをとる

  • 日常会話をして社会人と話すことに慣れる
  • 社員との会話を通して、会社の雰囲気を感じ取る

3.会社説明会で聞くべきことはコレ!

会社説明会とは、企業が自社オフィス等で単独で開催する説明会です。
会社説明会にはあらかじめ予約をする必要がある場合が多く、説明会への参加が採用選考の必須条件になることもあります。

企業によっては採用選考の一端という意識で行っている企業もあり、エントリーシートの配布や記入をしたり、説明会後に採用選考を実施したりする企業もあります。

つまり、応募する可能性がある企業の会社説明会には参加するべきだということです。

この会社説明会で聞くべき質問は以下の12点です。

  1. 仕事内容
  2. 一日のスケジュール
  3. 仕事のやりがい
  4. 仕事をしている際に大変だと思ったこと
  5. 入社前後の研修の有無や内容
  6. 入社後の業務内容
  7. 新入社員に求める考え方や能力
  8. 会社の雰囲気や社風、働きやすさ
  9. 先輩社員がこの会社に入社した決め手や就活で重視したこと
  10. 先輩社員が入社前と入社後で会社に対する印象が変わったか
  11. 先輩社員自身が感じている会社の強み、弱み
  12. どんな後輩と一緒に働きたいか

 

また、合同説明会と同様に聞くべきでない質問もあります。それは以下の6点です。

  1. パンフレットや配布資料、企業の自社サイトに載っている情報についての質問
  2. 給与や残業、福利厚生等について根掘り葉掘りの質問
  3. 個人的過ぎる質問
  4. 離職率や休職率等のマイナスイメージが強い質問
  5. 漠然とした質問
  6. 意図が不明な質問

4.会社説明会でやるべきことはコレ!

会社説明会で1番やるべきことは、会社や社員の雰囲気や社風を含めて、その会社の情報をしっかりと得て、そこで働くイメージをすることです。
これは入社後にミスマッチを起こさない為にとても重要なことでもあります。

社内の雰囲気は合わないけれど、やりたい仕事だから…と思って入社しても、会社に馴染めずに結局転職、という事もあるのです。

更に、他にも会社説明会でやるべきことはたくさんあります!
①受付前からマナーを守って礼儀正しくする

  • 会社説明会での態度や言動はよく見られている
  • 社員に会ったら必ず挨拶をする
  • 選考の一環という意識で臨む

②とにかくメモを取る

  • 説明資料やパンフレットに載っていない情報はメモを取る
  • 自分の質問はもちろん、他の人の質問もメモする
  • 社内や社員の雰囲気、感じたことや気になったこと等もメモに取る

③(会場が会社の場合)トイレの位置の確認

  • 会社で筆記試験や面接が行われる場合、あらかじめ知っておくと慌てずに済む

プラットインの人材紹介はこちらから

プラットイン人材紹介
アドバイザー

名前: ケイティ

肩書き: アドバイザー

自己紹介 情報系の大学を卒業後IT企業に就職。結婚を機に就労支援企業に転職。これまでの経験を元に多面的で有益な情報をお伝えします!
関連記事

他己分析してみよう!他人から見た自分を知る

企業に連絡する時のマナー

最終面接での意思確認…どう答えればいいのか?

起業することへの決意と覚悟~将来性がある業界とは~

就活生必見!教育業界のランキングから見る教育業界の今後とは?

役員面接の質問でうまく対応するためには

プレミアムフライデーの成否、現実的にはどちら?

履歴書は手書きか印刷かどちらが良いのか

採用サイトをまとめたプラットフォーム「求人カタログ」

求人カタログは、日本最大級の採用サイトをまとめたプラットフォーム。採用サイトには企業の社風を感じる採用情報が沢山!就職活動、就活にも役立つ2018年,2019年卒,2020年卒の新卒採用サイトのプラットフォーム「求人カタログ」で直接応募をしよう。