就活・就職・採用サイトをまとめたプラットフォーム 「求人カタログ」 採用サイトなら求人カタログ

就活コラム

2018.07.17 |  就活情報

第二新卒が就活を成功させる方法4つ、ご紹介します!

まず一般的な第二新卒の定義についてですが、新卒から3年ほど勤務後退職する方を指すそうです。

現在就活市場は「売り手市場」と言われていますが、それは新卒に関すること。一方第二新卒の就活市場ですが、経験が浅すぎて企業サイドは判断に迷うとの理由で、新卒に比べると書類審査の時点で落とされるなど、就活は厳しいと言われています。

ではそのような中でも就活を成功させている第二新卒は、どのように就活を進めているのでしょうか?ここでは第二新卒で就活を成功させている方の特徴を4点ご紹介します。

まず一般的な第二新卒の定義についてですが、新卒から3年ほど勤務後退職する方を指すそうです。

現在就活市場は「売り手市場」と言われていますが、それは新卒に関すること。一方第二新卒の就活市場ですが、経験が浅すぎて企業サイドは判断に迷うとの理由で、新卒に比べると書類審査の時点で落とされるなど、就活は厳しいと言われています。

ではそのような中でも就活を成功させている第二新卒は、どのように就活を進めているのでしょうか?ここでは第二新卒で就活を成功させている方の特徴を4点ご紹介します。

目次

  • 1.就活成功者の第二新卒の特徴~退職理由は明確に~
  • 2.就活成功者の第二新卒の特徴~計画は綿密に~
  • 3.就活成功者の第二新卒の特徴~退職理由対策~
  • 4.就活成功者の第二新卒の特徴~“備え”が万全~

1.就活成功者の第二新卒の特徴~退職理由は明確に~

「何を今さら…」と思われる方がいるかもしれません。しかし結論から言えば、この退職理由を明確にしなければ、「転がる石に苔付かず」ではないですが、転職を延々と繰り返してしまう恐れがあります。

 

目的があって転職を繰り返すのならば問題はないですが、何のビジョンもなく転職を繰り返すのは絶対に避けるべきこと。ですからまずは「なぜ現職を辞めて転職をしようと思ったのか」という理由をはっきりとさせてください。

 

そしてその理由を「就活ノート」を作り、そこに書き出しましょう。もちろんそこに書く理由は、正直に書いてください。「仕事が辛い」「上司が嫌だから」これも立派な理由です。

 

ただもしこれらの理由の場合、「仕事のどんなところが辛いのか」「上司のどんなところが嫌なのか」まで必ず分析をしたうえで記載してください。ここを曖昧にしてしまうと、目的ない転職を何度も繰り返すことになってしまいます。

2.就活成功者の第二新卒の特徴~計画は綿密に~

まず次はどんな業界でどういう職種に付きたいのかを考えてください。「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」では、決まるものも決まりません。

 

私も第二新卒で就活をしていたとき、履歴書に書いている業界と全く異なる業界に面接に行った際面接官に「(就活に)一貫性がない」と指摘されたことがあります。

確かにその当時の私は、「とにかく就職できればいい」思い、業界研究もせずに連絡をくださった企業を訪問していました。今になって思えば、そのような指摘を受けるのは当然のことだったと思います。

 

就活をする業界・職種をはっきりとさせたら、次は「いつから再度働き始めるのか」を決めましょう。ゴールを決めたら、次にそのゴールに向かうまでにかかる期間を逆算します。

 

再就職するために、就活期間はどれほどかかるのか、就活を進めるためにエントリーシート作成などの事前準備にどれくらい時間がかかるのかをおおまかに想定してください。それができたら、さきほどの「就活ノート」に見やすく書き出しましょう。

3.就活成功者の第二新卒の特徴~退職理由対策~

私もそうでしたが、第二新卒の就活の場合、必ず聞かれるのが「退職理由」。ここで気を付けるべきことはただ一つ「正直に伝えすぎないこと」です。

 

「就活ノート」は書いた本人しか見ないし、正確な自己分析をするためにも、正直に退職理由を書く必要があります。

面接時での退職理由は、“コップの法則”で面接官に伝えることをおすすめします。

“コップの法則”とは、たぶん皆さんも一度は聞いたことがあると思いますが、コップに半分水が入っている状態を見て、「(水が)半分しか入っていない」と思うのか「(水が)まだ半分もある」と感じるのかという考え方です。

就活の面接時には後者の考え方に則って、退職理由も前向きに伝えると好印象をもってもらうことができます。

 

例えば先ほど「仕事がつらい」という退職理由がありましたね。

前向きな言葉に変換するとしたら、

「前職は総合職でした。総合職とは事務職と営業職を兼ねた職種です。こちらの職種を通じて、自分の適職が分かりました。また現在持っているMOSの資格を活かして事務職を極めたいと思い、貴社の事務職を志望させていただきました」

というように説明することができます。

4.就活成功者の第二新卒の特徴~“備え”が万全~

「先立つものは金」という言葉があるように、お金の備えは非常に大切です。

私は当時一人暮らしだったため、第二新卒で就活をしたときは、本当にお金のありがたみをつくづくと実感しました。

 

就活と言えば「履歴書(私の大学は大学独自の履歴書があったので、そちらを購入していました)・交通費・通信費」が結構重くのしかかります。

そのうえ一人暮らしの場合「家賃・食費・光熱費・電気代・水道代」も自己負担しなければなりません。

あと「クリーニング代・コンタクトレンズ代・(女性の場合)ストッキング代・化粧品代・食費」など、本当に結構お金がかかります。

おそらく全く何の考えも備えもなく仕事を辞めて就活をしてしまうと、非常に大変なことになります。

ですから先ほどの計画性の話ではないですが、退職を決意した場合、できれば有給を利用して在職中に就活をされることをおすすめします。

 

もしどうしても在職中に就活することが難しいならば、ボーナスをいただいてから退職をするようにしてはいかがでしょうか。

最低限、お給料の3か月分のお金は準備したうえで就活をした方がより安心だと思います。

プラットインの人材紹介はこちらから

プラットイン人材紹介
とにかく日本語が大好きです

名前: 読書さん

肩書き: とにかく日本語が大好きです

自己紹介 校正とライティングの仕事をしています。
私生活でも読書が趣味の理屈抜きで日本語が好きな人間です。
私の人生経験を就活でお悩みの方に活かしていただけるように情報提供していきます。
関連記事

面接で落ちる人必見!面接官のココロを掴む4つのコツ

エントリーシート、履歴書の書き方のコツ-営業職編-

仕事と育児の両立は大変だけど、考え方を変えてみよう!

シングルマザーを仕事で強みにする4つのポイント!

履歴書を工夫して、希望職種をゲットするポイント【前編】

マーケティングの仕事を知りたい学生へ

アパレルに転職したい!異業種から未経験でも活躍できる人の特徴

ホップステップの就活で、自分を超える仕事に出会う

採用サイトをまとめたプラットフォーム「求人カタログ」

求人カタログは、日本最大級の採用サイトをまとめたプラットフォーム。採用サイトには企業の社風を感じる採用情報が沢山!就職活動、就活にも役立つ2018年,2019年卒,2020年卒の新卒採用サイトのプラットフォーム「求人カタログ」で直接応募をしよう。