就活・就職・採用サイトをまとめたプラットフォーム 「求人カタログ」 採用サイトなら求人カタログ

就活コラム

2018.10.02 |  就活情報

就活でお金がない?!就活に必要な平均金額と内訳

就活と言えば、情報が要。

情報をいかに効果的に収集できたかで勝敗が決まると言っても良いでしょう。

それゆえに、就活に挑む皆さんはすでに、いろいろな情報を集め始めているのではないかと思います。

しかし、情報と同じくらい、実は就活では必要なものがあります。

それはずばり「お金」です。

実際、就活を終えた皆さんに聞いてみると「こんなにお金がかかると思っていなかった」や、「就活貧乏になった」と言う声を結構聞きます。

では、実際のところ、就活にはどれくらいお金がかかるものなのでしょうか?

そして一体、どんなものにお金がかかっているのでしょうか?

調べてみました!

目次

  • 1.就活費用トータル平均は?
  • 2.身だしなみ料は、平均総額の約3分の1
  • 3.交通費、宿泊費は、平均総額の約2分の1
  • 4.通信費、書籍代、講習代は、平均総額の1割強

1.就活費用トータル平均は?

2018年7月に大手求人サイトマイナビでこんなデータが発表されました。

「就活費用のトータル平均は10万6,647円」

「10万円?!」と驚かれた方もいらっしゃるかもしれません。

が、このデータは就職活動解禁となる3月から、選考が本格化する6月までの4か月間を対象にしたデータのため、もっと前倒しで活動をしていた場合を考えると10万円はむしろ少ないと言えます。

少なくとも13万~15万円は見ておくべきでしょう。

 

また、大都市在住の学生に比べ、地方の学生は、5万円~10万円以上余分にお金がかかっており、その辺りも加味して考えると、就活費用のトータル平均は15万円ほどと考えられます。

それにしても一体、なににそんなに費用がかかっているのでしょうか。

詳しく見てみたいと思います。

2.身だしなみ料は、平均総額の約3分の1

就職活動を始めよう、と思ったら、まずなにを買いますか?

はい、リクルートスーツ、そしてスーツに合う靴とバッグですね。

学生の頃はかっちりとしたスーツを着る機会もそうそうありませんし、就職活動を始めるにあたって用意される方がほとんどではないかと思います。

ではスーツにどれくらいお金をかけるのが普通かと言うと、スーツと言っても、ピンからキリまであるので一概には言えませんが、1万円~3万円の間でそろえる方が多いようです。

着る機会が多くなり、肘がすれててかってきたり、パンツが汗じみたりしないよう、2着用意する方も多いですから、衣装代として5万円はあった方が良いでしょう。

平均総額から考えると約3分の1の金額が、初期費用にかかっている計算になります。

 

また、特に男性は就活の現場において短髪が一般的ですので、散髪代も毎月地味にかかってきます。

髪色が明るすぎれば黒髪に戻す費用も必要になるため、初期の身だしなみ費用は少なくとも5万円~6万円はかかると想定しておくことをオススメします。

3.交通費、宿泊費は、平均総額の約2分の1

就活費用のうち、半分を占めているのが実はここです。

こればかりはケースバイケースなのですが、選考は一度で終了するとも限りません。大手企業となると、三次、四次選考まであるのも当たり前だったりします

一回一回は1,000円程度の交通費しかかからないような状況でも、ちりも積もれば山となる、で、気が付いたら、7万円くらい行ってしまった、となるのがこの交通費なのです。

 

また、都市部ではない、地方の就活生の方は、地元だけでなく、東京、大阪、名古屋と言った都市部への就職も視野に活動をされている方が多く、新幹線代や飛行機代が都心部の就活生より余分にかかってしまいます。

また、遠方であればあるほど、採用の段階によっては地元に戻るより宿泊しての活動の方がタイムロスにならなかったり、コストを抑えられることもあって、宿泊費がかさむ結果となっています。

自分の希望企業の所在地や面接回数に左右される部分ではありますが、交通費、宿泊費は総額の半分以上は必要と考えておいた方がよいでしょう。

4.通信費、書籍代、講習代は、平均総額の1割強

なんとお金をか切り詰めたいところですが、なかなかケチれない部分は実はここです。

  • 通信費:履歴書の送付、WEB回線料
  • 書籍代:SPIなど筆記試験対策用参考書購入代、新聞購読料など
  • 講習代:就活対策セミナーなどの受講料
  • 諸経費:履歴書用写真撮影費用他

交通費に比べれば、それほど額は行きませんが、合算で、2万~3万円が平均です。

平均総額全体における割合としては、1割強といったところですね。

 

いかがでしたでしょうか。

就活をしていると時間に制限がつき、アルバイトする時間も減るため、収入より支出がどうしても増えます。

しかし、ここ数年、就活が短期化したことや、WEB面接が導入されたこと、また、交通費や宿泊費を支給する企業の増加から、就活費用は減少傾向にあります。

最低限、10万円は用意しておいた方が安心ですが、書籍については先輩から譲ってもらえれば、新たに購入しなくて済みますし、各企業の制度を確認して交通費支給があれば利用することで節約が可能です。

就活とは、将来を決める大切な活動です。

そんなときに「お金がない」ことで、進みたい道をあきらめなくて良いように、事前準備と情報収集を念入りに行って、就活を成功させてくださいね。

プラットインの人材紹介はこちらから

プラットイン人材紹介
フリーライター

名前: あさき

肩書き: フリーライター

自己紹介 事務職から月刊誌ライターへ転身後、フリーライターへ。異業種からの転職のメリット、デメリットなど、経験したからこその情報をお伝えしていきます。
関連記事

就活における親の役割とは?

フルタイムで働けなくてもOK!職種カテゴリ―別に見るアルバイト

【大学生向け】学内セミナーの上手な使い方

就活で役に立つ「かばん」の選び方

就活でのエピソードづくり、場面別にご紹介します!

営業職のインターンに参加して一足早く経験しよう!

就活成功の心得~4つのポイントで差がつく~

求人情報から注意すべきブラックバイトを見分ける方法【後編】

採用サイトをまとめたプラットフォーム「求人カタログ」

求人カタログは、日本最大級の採用サイトをまとめたプラットフォーム。採用サイトには企業の社風を感じる採用情報が沢山!就職活動、就活にも役立つ2018年,2019年卒,2020年卒の新卒採用サイトのプラットフォーム「求人カタログ」で直接応募をしよう。