就活・就職・採用サイトをまとめたプラットフォーム 「求人カタログ」 採用サイトなら求人カタログ

就活コラム

2018.10.04 |  就活情報

面接で手応えなしは関係ない?企業が大切にしているポイントとは

面接を受けた後に、手応えがあったか、なかったか気になる人も多いと思います。

中には手応えなしの面接に落ち込んでしまうこともあるのではないでしょうか?

しかし、面接の手応えがなくても落ち込む必要はありません!

今回は企業が面接で大切にしている3つのポイントを紹介します。

目次

  • 1.面接で企業側が見ているポイントとは?
  • 2.大切なポイント①第一印象
  • 3.大切なポイント②人間性
  • 4.大切なポイント③表情・態度・話し方、熱意

1.面接で企業側が見ているポイントとは?

企業は何のために面接をするのでしょうか?

面接の目的がわかれば、対策も練ることができます。

 

企業が面接で知りたいことはたくさんあります。

その中でも多くの企業で共通する例を以下に挙げます。

  • 社会人として必要とされるマナーを習得しているか
  • ESや履歴書の内容に差や嘘がないか
  • 応募者は一緒に働きたい人材であるか
  • 応募者がどんな人物なのか
  • 応募者を採用した場合、会社に利益があるか
  • 内定辞退、およびミスマッチの可能性はないか 等

企業にとって採用コストは大きく、内定辞退や入社後のミスマッチでの退職は避けたいと思っています。よって、応募書類だけでは判断できない上記の点を面接でしっかりと見ているのです。

このように、企業は多くのポイントに注目をしているのですが、この内容をまとめると特に大切にしているポイントが見えてきます。

2.大切なポイント①第一印象

「面説は3秒で決まる」という言葉がありますが、それくらい第一印象は重要であるということです。

なぜそんなに第一印象が重要なのか疑問に思うかもしれませんが、人事の社員以外の面接官の多くは他の業務を行っている社員なので、面接のプロでは無いために面接のスキルや経験が浅い場合が多々あります。

このような一時的な面接官は、2つのポイントに重点を置いて学生を判断します。

それは、

  • 「第一印象」
  • 「一緒に働きたいか」

の2点です。

 

第一印象が良いことの最大のメリットは、面接の最中に否定的に見られにくいことです。

もし第一印象が悪ければ、少しのミスでも「やっぱり良くない……」と捉えられてしまうところ、第一印象が良ければ同じミスでも気にされなかったりするのです。

 

第一印象の良さを磨くには、以下の就活の基本を意識することが大切です。

  • 身だしなみが整っている
  • 清潔感がある
  • 表情は明るく笑顔である
  • 声の張り、ハキハキとした話し方
  • 正しい姿勢で背筋を伸ばしている

上記はどれも就活の基本です。面接の前に必ず確認しておきましょう。

3.大切なポイント②人間性

ポイント2でも出てきましたが、「一緒に働きたい人物であるか」を見極めるためによく見られているのが人間性です。

人間性は面接のその場だけで確認できるものではありません。面接での本人の言動や、面接官の手元の資料(応募書類や採用担当者がまとめた情報など)を合わせた上で判断されます。

つまり、応募書類と面接当日の言動との違いや嘘を始め、マナーや態度、コミュニケーション能力に難点があると、人間性を見る上での欠点とされてしまいます。

企業としては、入社後に一緒に働く仲間を迎えるための面接でもあるので、面接の場でも入社後のイメージをしていることもあります。

よって、面接の場では以下の2点ができると印象も良くなります。

  • コミュニケーションがスムーズにとれる(事前に準備して暗記した志望内容や質問の答えを話すのではなく、普通の会話(日常会話)ができる)
  • 気遣いができる(案内係の社員への態度や待合室で使用した椅子を整えてから出るなど)

コミュニケーションや気遣いは入社後に仕事をする上でとても大切です。会社で仕事をするということは、チームで一つの仕事を成し遂げるということでもあります。

業務において、密なコミュニケーションは必要不可欠で、仕事の成功を左右することもあるほどです。

また、気遣いがあることで、気持ち良く仕事を進めることができるのです。

4.大切なポイント③表情・態度・話し方、熱意

企業が大切にしている3つ目のポイントは、面接時の表情・態度・話し方と熱意です。

これは、応募者がどんな人物であるか見極め、仕事に対しての熱意や入社後に活躍してくれそうかなどを評価するためです。

また、内定後の辞退や入社後のミスマッチを防ぐためでもあります。

どんな表情・態度・話し方が好印象で、どのようにしたら熱意が伝わるのかについては、以下の内容でお伝えします。

それぞれ、自然にできるように練習しておくと、面接当日にミスを防ぐことができます。

  • 話の内容に合わせた表情ができる(真面目な表情や真剣な表情、笑顔や柔らかい表情等)
  • 態度(素直に話を聞き入れる、不快と思う質問にムッとしない等)
  • 話し方(聞き取りやすい声で話す、ハキハキと話す、面接官にわかりやすいように話す等)
  • 熱意に裏付けがある(「自分の●●という能力を■■の業務に生かしたい!」等の具体的で現実的な熱意がある、会社についてよく理解し、「■■の業務に携わって▲▲を実現したい」等、具体的にこの会社でやりたいことが言える等)

これらの企業が大切にしている3つのポイントをしっかりと押さえていれば、面接で手応えがなくてもしっかり評価されています。

先ずは就活の基本を疎かにすることなく、常に確認しておきましょう!

プラットインの人材紹介はこちらから

プラットイン人材紹介
アドバイザー

名前: ケイティ

肩書き: アドバイザー

自己紹介 情報系の大学を卒業後IT企業に就職。結婚を機に就労支援企業に転職。これまでの経験を元に多面的で有益な情報をお伝えします!
関連記事

書き言葉を学んで読みやすい履歴書・ESを書こう

営業職は身だしなみが命!ルールの中で整えよう

アパレルへ就職を決める前に知っておきたいメリットとデメリット

就活生も財務分析?誰でもできる簡単な数字の見方

インターンで吸収すべきこと!~就活アピールに生かすための方法とは!?~

エアライン業界のエントリーシートの書き方、アプローチ方法

役員や社長との面接!最後にして最大のヤマ場を乗り切る攻略法

広告業界の就職に向けてやるべき3つのこと

採用サイトをまとめたプラットフォーム「求人カタログ」

求人カタログは、日本最大級の採用サイトをまとめたプラットフォーム。採用サイトには企業の社風を感じる採用情報が沢山!就職活動、就活にも役立つ2018年,2019年卒,2020年卒の新卒採用サイトのプラットフォーム「求人カタログ」で直接応募をしよう。