就活・就職・採用サイトをまとめたプラットフォーム 「求人カタログ」 採用サイトなら求人カタログ

就活コラム

2019.02.28 |  就活情報

日本の平均年収とは?世代別で比較

就職活動をしていたり、転職を希望している人にとって、日本の平均年収、さらには世代別の平均年収は、とても興味深いポイントになりますよね。

ここでは、現在正社員として就業している、世代別の平均年収をわかりやすくまとめてご紹介していきます。

目次

  • 1.これから、平均年収はあがっていくのか?
  • 2.20代・30代・40代・50代、世代別の平均年収はどのくらい?
  • 3.年収を上げるためにわたしたちができること
  • 4.日本の平均年収を把握しよう~おわりに~

1.これから、平均年収はあがっていくのか?

現在の日本は、景気が徐々に回復していたり、アベノミクスによる政策が盛んに行われていることもあって、平均年収が上がってきているという興味深い報告があります。

日本の平均年収の、ここ何年かの推移をチェックしてみると、平成21年くらいから、徐々に平均年収が上がってきている統計が報告されています。

日本の平均年収が上がってきているという情報は多いものの、性別や業界別、年齢別でその推移をチェックしてみると、必ずしも良くなっているとはいえない現状もあるようです。

日本の平均年収は、およそ20年前の1997年と比較をしてみると、そのときは約467万円となっていたため、多少は持ち直ししたことも予想できます。

性別や年代に問わず、たくさんの人が長時間の勤務をしているのですが、収入が上がったという実感を持てない人が多く、日本の平均年収を上げるためにできることを、コツコツとはじめていく人も増えているようです。

2.20代・30代・40代・50代、世代別の平均年収はどのくらい?

それではここから、20代・30代・40代・50代の、世代別の平均年収についてチェックしてみましょう。

 

~20代の平均年収~

20代の平均年収は、346万円です。

男性の場合が約328万円、女性が約314万円となっていることがわかりました。

 

~30代の平均年収~

社会人として、もっとも働き甲斐を感じることの多い30代の平均年収は、436万円です。

男性の場合は452万円、女性が381万円と、大きな差があることがわかりました。

30代の女性の場合は、結婚や出産、育児などで休む期間を設けることがあるため、男性よりも年収が低くなることを予想できます。

 

~40代の平均年収~

お仕事をしていく中で、重要なポジションに従事したり、責任のある業務を任せられることが多い40代の平均年収は、約517万円です。

男性の場合は約575万円、女性が約426万円となっていることがわかり、30代の平均年収よりも上がっていることがわかります。

 

~50代の平均年収~

50代の平均年収は、およそ545万円です。

男性の場合は約688万円、女性が426万円となっていることがわかりました。

 

3.年収を上げるためにわたしたちができること

日本の平均年収を上げるためには、ビジネスパーソンであるわたしたちが、次のような3つのポイントにフォーカスを当て、努力していくことが大切です。

平均年収が上がると、気持ちも豊かになり、チャレンジ精神が旺盛になって、毎日のルーティーンな仕事も、たくさんの楽しみを見つけていくことができます。

 

~①転職を検討してみる~

日本は、安定した年収を得られる企業が豊富にあるといっても過言ではありません。

豊かな毎日を送るための第一歩として、いろいろな企業の情報リサーチ、研究をしながら、それぞれが納得できる年収を得られる、企業への転職もひとつの選択肢となっています。

今では、履歴書の書き方や、面接の成功テクニックをレクチャーしてくれる、転職エージェントもたくさんの人に活用されています。

 

~②副業で年収を上げる~

景気の回復は、一気に高まるものではないため、早めに年収を上げたい場合は、副業もおすすめの選択肢のひとつです。

パソコンを使ってできるアフィリエイトやライティング業務、データ入力などは、ある程度の時間を設けて、継続して行っていくと、月3~5万程度の収入を得ることができます。

 

~③キャリアアップを狙う~

今のお仕事にやりがいを感じていたり、転職することに抵抗がある場合は、スキルをUPさせるために資格を取得したり、業績アップのためにできることをしながら、昇格を狙うこともひとつの選択肢となっています。

昇格をすると、自ずと月収が上がり、そのままに年収を上げることができるので、自分の自身にもつながるメリットがあります。

4.日本の平均年収を把握しよう~おわりに~

実際の平均年収と、日本の平均年収を比較してみると、なんとなく少なすぎるイメージを持ってしまう人も多いことでしょう。

ですが、平均年収はあくまで目安であって、あなたの考え方やお金の使い方に関する見直し、これからできるキャリアアップについてなどを検討していくと、豊かな毎日を送ることは難しくないかもしれません。

 

平均年収より低い年収であっても、お仕事にやりがいを感じていたり、毎日が充実して過ごせているのであれば、それだけでも素晴らしいことです。

平均年収目安やお給料を上げることにばかりとらわれず、みなさんそれぞれが従事しているお仕事に、大きな誇りを持ってもらいたいと思います。

プラットインの人材紹介はこちらから

プラットイン人材紹介
癒し系ライター

名前: kana.i

肩書き: 癒し系ライター 

自己紹介 就活のステップにて、人間的にも成長できるよう、サポートを含めたコラムを書いていきます!
関連記事

面接練習は一人でできる!~面接アプリの活用法~

後悔しない為に!企業ごとの選考期間を先に調べよう

ここを見ろ!ブラックな企業の見抜き方

採用サイトが増えた2017年!これからも増加傾向か?

就活のための黒染めに、いろいろな意味で「最適なとき」はいつ?

内定を貰った時の返事の仕方は?正しいマナーとは

プレミアムフライデーは働き方改革になったのか

転職してキャリアアップを図りたい方へ

採用サイトをまとめたプラットフォーム「求人カタログ」

求人カタログは、日本最大級の採用サイトをまとめたプラットフォーム。採用サイトには企業の社風を感じる採用情報が沢山!就職活動、就活にも役立つ2019年,2020年卒,2021年卒の新卒採用サイトのプラットフォーム「求人カタログ」で直接応募をしよう。